■レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 



■レーシックの前には適性検査ブログ:09月08日

減量についていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

減量の停滞期というのは、
頑張って体操したり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

減量の停滞期は、
人間の身体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
身体を守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

身体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる身体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

この減量の停滞期は、
個人差はありますが約1ヶ月程度あると言われています。
減量を成功させるためには、
この1ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
減量の停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が1ヶ月ほど続くと
身体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
減量を継続することが大切です。

停滞期に減量を中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

減量開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい身体になってしまうので、
停滞期中でも減量を続けることが大事なんです!