■レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 



■レーシックの前には適性検査ブログ:01月19日

最近、
やせるための「減量サプリメント」が
いろいろと発売されていますが…

減量サプリメントって
本当に飲むだけでやせられると思いますか?

価格がかなり高い減量サプリメントもありますが、
たくさんお金をつぎ込んだのに、
ぜんぜん痩せなかったという方も多いのではないでしょうか。

そもそも
サプリメントというのは、
「補足する」とか「補う」という意味で、
毎日の食べる事だけでは
十分に摂れない栄養分を補ってくれるというものです。

食べる事をしっかり食べずに
サプリメントばかり飲んでいても
不健康な身体になってしまうだけなんです。

減量サプリメントについても同様。
減量のサポートをしてくれるものなので、
きちんとバランスのよい食べる事をして、
適度に体操する事を大前提として
サプリメントを飲めば、減量効果が期待できるのです。

減量サプリメントを飲むことで脂肪が燃焼するのではなく、
脂肪が燃焼しやすいように
減量サプリメントがサポートしてくれるということですね。

結局、減量サプリメントを飲むだけでは、
痩せることはないんです。

「飲めば痩せられる」などという広告宣伝がよくありますが、
これは不可能だと思ってください。

あくまでも
健康的に減量をしながら利用すると、
より効果が期待できるということです。

減量をサポートしてくれる効果はありますので、
減量サプリメントを飲むことはいいと思います。

ですから、
上手に減量サプリメントを利用して、
効率よく減量するように心がけましょう!