■矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 



■矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:07月19日

ダイエットのために
トレーニングを始めた人が陥りやすいワナは、
「ライスが美味しくなる」ということでしょう。

そもそもダイエットの必要がある体型をしている方は、
標準よりも多めに
ライスを食べてしまっている可能性が強いはずです。

あるいはライスの量は普通でも、
油物や糖分が多かったり…
とにかく、食べることが嫌いなら、
ダイエットが必要になることもありませんよね…

元々食事が好きなのに、
ダイエットでトレーニングを始めると、
当然ですが、いつもより腹がすいてしまいます。

腹がペコペコだからこそ
「ライスがより美味しい!」
まさに健康の証ともいえる現象ですね!

「トレーニングしているから大丈夫」という安心感で、
普段より食事量が多くなると…
トレーニングによる消費エネルギーよりも
食事による摂取エネルギーが上回ってしまうので、
当然ダイエット効果が出にくくなります。

ダイエットのコツは、
トレーニングと食事制限を同時に行うことです。

なので、
摂取エネルギーより消費エネルギーが上回るよう、
トレーニングに励む必要があるのです。

せっかくトレーニングしてダイエットに取り掛かるなら、
一刻も早く成果を出したいものですよね!

なかなか成果が出なければ、決意も揺らいでしまいます。

そこで、食事もある程度制限し、
集中してダイエットに励む必要がありますが、
ダイエットを実践している人の中には、
間食やお酒をカロリーにカウントしていない方も…

むしろ間食やお酒はダイエットの大敵ですから、
せっかくのトレーニング効果を台無しにしないよう、気をつけましょう!