■レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。
視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。 レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 



■レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:01月07日

オハヨー

レモンの酸味成分のクエン酸に、脂肪燃焼効果があることから、
「レモン水減量」が注目されています。

レモン水減量は…
レモン汁1/4個分と
ミネラルウォーター200mlを混ぜ合わせたレモン水を
一日3回、食事の後にコップ1杯(約200ml)飲みます。
食事の前や腹がすいている時は、
胃に負担がかかるので避けましょう。
…という簡単なダイエット法です

レモンって、
減量の強〜い味方なんですよね!

まず、脂肪燃焼効果。
レモンに含まれるクエン酸が、代謝をスムーズにします。
また黄色の成分であるへスペリジンは、脂肪の吸収を抑えます。

次に、疲労回復効果。
クエン酸は、疲れの原因である乳酸を分解します。
疲労を感じたときは、
チョコのような甘いものよりレモンを食べましょう。
ローカロリーな上、効果が期待できますよ!

そして、美肌&若返り効果。
豊富なビタミンCは肌を美しく保ちます。
また抗酸化作用により、体質の中からの老化を防止します。

さらに、ストレス解消効果もあります。
レモンの香りの成分である
「リモネン」は精神をリラックスさせます。
ストレスは体質の中のビタミンCを消費させるので、
レモンで補給しましょう。

簡単にでき、制限が少ない…
魅力的なレモン水減量。

もちろん、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば太りますので
「レモン水さえ飲んでいれば大丈夫」という訳ではありませんが、
レモンのさまざまな効能は、減量にとても役立ちます。

さわやかなレモンのパワーで、
体質の中からキレイになりましょう。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜