■レーシックの前には適性検査

■レーシックの前には適性検査



■レーシックの前には適性検査ブログ:04月15日


「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
体が熱を作り出せず、体温が下がり、
体が冷えているんですね。

そうなると体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
減量が上手くいくはずもないですよね!

だから、減量を成功させるには、
体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、こむらがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

あたしは、むくみを解消するために
毎日、軽いトレーニングをするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、あしを少し高くしていますし、
あしの付け根やヒザの裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。


■レーシックの前には適性検査

■レーシックの前には適性検査

★メニュー

■レーシックの前には適性検査
■交通費を補助してくれるクリニック
■保証制度の有無を確認しよう
■最新老眼治療のモノビジョンレーシック
■紹介制度を採用しているレーシッククリニック
■レーシックで乱視の治療も可能
■レーシックでのリスクを理解しておこう
■口コミサイトを活用してクリニック選び
■矯正された視力の維持は保証出来ない
■ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)その治療を知りたい!レーシック情報